ストレスは適度に発散しなきゃダメ?今日からできるストレス発散方法6選!

ストレスを上手に発散することができず、ため込んでしまう人はたくさんいます。

ただ、ストレスをため込んでしまうと、様々な弊害やデメリットを被ることになるのです。

そこでこの記事では、ストレスをため込んでしまうとどうなるのか、

上手にストレスを発散するにはどうすればいいのかということについて、詳しく解説していきます。

ストレスをため込みすぎるとどうなる?

まずは、ストレスをため込みすぎるとどうなってしまうのか、ということについて詳しく見ていきましょう。

やる気が落ちる

ストレスをため込んでしまうと、やる気が低下します。

やる気が低下してしまうと、パフォーマンスも低下しやすくなりますので、生産性や効率も落ちてしまうのです。

ストレスが原因でやる気が落ちてしまった場合、解決策が思いつかなくなることもありますので、

苦しい状況から抜け出すのに時間がかかることもあります。

自分への自信がなくなる

ストレスを抱えると、自分への自信がなくなります。

その理由は、気持ちが落ち込み、ネガティブ思考になりやすくなるからです。

自分への自信を失うと、何事にも消極的になってしまいますので、失敗の原因になります。

また、精神の健康状態を損ねてしまう可能性が高くなり、うつ病などのリスクも跳ね上がってしまうのです。

爆発する

ストレスをため込みすぎてしまうと、いずれ爆発します。

爆発の仕方には人それぞれ違いがありますが、誰彼構わずキレてしまったり、涙が止まらなくなってしまったりする人も多いです。

ただ、ストレスが爆発してしまい、理性が利かなくなってしまった場合、ほとんどの確率で精神状態に異常が出ますので、回復に時間がかかってしまいます。

場合によっては、勤めている会社を辞めなければならなくなったり、入院や通院が必要になったりすることもありますので注意が必要です。

ストレスを上手に発散する方法は?

では次に、ストレスを上手に発散する方法について、詳しく解説していきます。

休日は自分のために使う

ストレスをため込みやすい人の中には、責任感が強い人も多いです。

仕事を持ち帰ってきて、休みの日にこなしてしまったり、友達からの誘いを断り切れず、やりたくないことに時間を使ってしまったりしている方もたくさんいるでしょう。

ただ、これでは自分の中のストレスを上手に発散することができません。

休みの日は、仕事などの余計なことは一切考えず、自分のために使うようにしましょう。

部屋の掃除を行う

部屋が散らかっていると、無意識にストレスが溜まってしまいます。

職場でもストレスを感じ、自宅でもストレスを感じていたら、心のよりどころがなくなってしまいますよね。

また、散らかっている部屋で生活をしていると、睡眠の質が悪くなったり、常にソワソワしてしまったりする可能性も高くなりますので、時間を見つけて掃除をしてみてください。

湯船にゆっくり浸かる

ストレスが溜まってきたと感じた場合は、湯船にゆっくりと使って、体と心の疲れを癒すようにしましょう。

一人暮らしをしている人の中には、湯船につかる習慣がなく、毎日シャワーで済ませてしまっている人もいるでしょう。

湯船につかることで、体を芯から温めることができますので、その日のストレスを発散しやすくなるのです。

友人や家族に悩みを吐き出す

ストレスをため込んでしまう人はたくさんいますが、これはあまり良いことではありません。

極限までため込んでしまうと、「爆発」の原因になります。

悩みや不安などを誰かに打ち明けるだけでもストレスを発散できる場合がありますので、我慢せずに聞いてもらうようにしましょう。

ただし、あまり関係が深くない友人や知人、同僚などに話してしまうと、面倒くさい人認定をされてしまうことがありますので、

・仲の良い友人
・家族
・恋人

などに話を聞いてもらうと良いでしょう。

気分転換に外出する

気分転換に外出をするというのも、ストレス発散には効果的です。

・普段行かない場所に出かけてみる
・日帰り旅行をしてみる
・数十分だけ散歩をしてみる

など、ちょっと外に出るだけでも気持ちをリフレッシュさせられる場合がありますので、是非試してみてください。

 

好きな物を食べる

好きな物を食べるというのも、ストレス発散には効果的です。

甘いものが好きな人は、チョコレートなどを食べてみると良いでしょう。

糖分を取ることによって、セロトニンという精神の安定や安心感をもたらす成分の合成を高めやすくなりますので、ストレスを軽減しやすくなります。

絶対にやってはいけない間違ったストレス発散方法4選

ストレスの発散方法には様々な種類がありますが、中には間違ったストレス発散方法も存在しているのです。

以下、絶対にやってはいけないストレス発散方法をいくつか紹介していきますので、最後までしっかりと確認しておいてください。

衝動買い

衝動買いでストレスを発散しようとする人もいますが、絶対にやってはいけません。

なぜなら、衝動買いは依存性があるからです。

・ストレスが溜まる→衝動買いをする

というサイクルが週勘づいてしまうと、お金を使うことでしかストレスを発散できなくなってしまい、最終的には依存症になってしまうのです。

衝動買いに依存してしまうと、金銭感覚が狂ってしまい、借金の原因にもなりますので絶対にやめましょう。

タバコ

ストレスを感じた時に、タバコを吸って発散しようとする人もいるのですが、これもあまりおすすめできません。

タバコは現状合法の嗜好品ですが、百害あって一利なしです。

言うまでもありませんが、タバコにも依存性があり、タバコを吸えない環境下にいるだけでストレスを感じてしまうこともありますので、別の方法でストレスを発散していきましょう。

過度な飲酒

「飲まなきゃやってられない」

という言葉はよく聞きますが、お酒をストレスの発散方法として使うのはあまりおすすめできません。

お酒を飲んでいる時は気持ちよくなれますし、嫌な事や大変な事を忘れられるかもしれませんが、アルコールが抜けると正気に戻ります。

つまり、お酒ではストレスを根本から発散できないということです。

アルコールでストレスを発散するのが当たり前になってしまうと、

「早くお酒を飲みたい」

「お酒が切れてしまった」

という理由でもストレスを感じやすくなりますので、注意しましょう。

ギャンブル

ストレス発散の方法として、ギャンブルを選択する人もたくさんいます。

パチンコや競馬、競輪などで勝った時は、アドレナリンが多く出ますので、日々のストレスを忘れられますよね。

ただ、負けた時のことを考えてみてください。

「別のことにお金を使えばよかった」

「時間を巻き戻したい」

「あのお金があったら、こんなことができたな」

と、後悔の念でいっぱいになりますよね。

中には、ストレス発散方法の1つとして始めたギャンブルで、自分の人生を破滅に追い込んでしまう人もいますので、絶対に手を出してはいけません。

まとめ

ストレスを極限までため込んでしまうと、モチベーションの低下にも繋がりますし、パフォーマンスの低下にも繋がります。

最も気を付けなければならないのが、「爆発」です。

これをやってしまうと、周囲の人にも迷惑をかけることになりますし、精神のバランスを崩してしまう可能性も高くなります。

このようなことを防ぐためにも、日々のストレスを上手に発散する術を身に着けていかなければなりません。

「どうすればストレスを発散できるかわからない」

という方は、先ほど紹介した方法の中から、自分に合った方法を見つけて試してみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.